就労サポートセンターありんこ カテゴリ1 カテゴリ1 カテゴリ1 採用情報
トップ > 就労支援センターこくば

就労支援センターこくば

就労支援センター こくば

就労移行支援・就労継続支援B型

就労移行支援事業の主な活動(定員6名)

利用内容
  1. 就労に必要な知識、能力を向上させるために必要な訓練
  2. 生産活動を通しての作業訓練
  3. 職場適応能力を図る為の施設外就労・施設外支援の実施
  4. 関係機関との連携により就職相談・求職活動及び職場定着支援

就労移行支援事業(標準期間:24ヶ月・2年)

午前:作業・個別訓練
午後:作業訓練
※個々のプログラム及び実習・作業等により変更あり

  • 利用期間
  • 日 課

就労継続支援B型事業の主な活動(定員20名)

利用内容

■生産活動を通して就労の場(機会)の提供

【作業内容】
  1. 園芸作業:草花の生産活動
  2. 出向作業:リサイクル工場での分別作業
  3. 下請作業:下請け・不動産管理(清掃)
  4. 公共作業:公共工事(公園・庁舎等花壇管理等)

※収入により必要経費を控除した額に相当の工賃を支給します。

■必要に応じて就労支援を行います。

■その他相談支援。

就労継続支援B型事業(有期限なし)

午前・午後:生産活動

午前9時から午後4時30分
(金曜日は午後3時30分)

  • 利用期間
  • 日 課
  • 利用時間(就労移行・B型)

主な行事

カラオケ 消防訓練
球技大会 ピクニック
消防訓練 忘年会・クリスマス
カラオケ 新年会・成人式・消防訓練
ビーチパーティー みかん狩り
ボウリング カラオケ
※内容は、年度により異なります。

利用手続き

支給決定までの流れ

利用料

利用者負担は現在、サービス量と所得に着目した負担の仕組み(1割の定率負担と所得に応じた負担上限額の設定)となっています。

  1. 利用者負担の軽減処置
    通所施設・ホームヘルプを利用する場合、資産などの要件を満たす人は、
    「利用者負担の軽減処置により負担上限額が軽減されます」
  2. 食事代(昼食代)は、自己負担となります。
    但し、「食事提供体制加算対象者、食事代の軽減処置があります。」
  3. その他、日用生活品等必要経費は実費負担となります。

所在地

〒901-1116  沖縄県島尻郡南風原町字照屋240−1
TEL 098­987­1606 FAX 098­987­1719

【地 図】